たんぽぽ蜜。

ブログを放置してました。
何故といわれると・・・
おうち時間が楽しかったから?
ゆっくりしてたから?
(お仕事もしてたよ!)
子ども(15才末っ子)がPCをいつも使ってるから?ww←コロ休。(どれも正解)
なかなか向き合えずにいました。

:・:・:・:・:・:

いよいよ春爛漫。

私の大好きな野草摘み放題の季節です。

先日、お友だちに「たんぽぽ蜜」なるものがあると教わって
(チェコのお料理だそうです。)
(≧∇≦)きゃー。すてき。ってなったので

早速作ってみようと思います。

原っぱに行ってきました。

だーれもいない広い原っぱに揺れるたんぽぽを
100輪ダッシュで摘みました。

わーいわーい。
(この子達を天ぷらにすると美味しいのです。
揚げて食べたい気持ちをぐっと我慢。)


砂や小さな虫や、良からぬモノを除けるため
素粒水に浸け込む。


レシピの指示通りに煮る。
ちくっと良心が痛む瞬間。ちっちゃくなっちゃったね。みんな。


↑この茶色いたんぽぽ水が大事なエキスになります。


↑翌日まで置いて馴染ませて、朝に絞ってエキスだけにするのですが
あまりに少なくてしつこく、しつこく絞ってたら
濾し用のシートが破けちゃった。


↑のどか舎頑張りました。
たんぽぽの粋です。(ちびっと。)


↑そこへ。出ました「砂糖を山盛り」のレシピ。
たんぽぽエキスと一緒に煮るなら、と思いましたが・・・
(x_x;)
いやいや、もう、これで勘弁して下さい。と1/3強のみで。
私の中ではこれが限界値。
(実際のレシピはこの3倍ほどお砂糖が入ります。)
ビートグラニュー糖であっても、砂糖は砂糖です。


↑ふつふつ、ふつふつ。
「とろみがつくまで煮込みます」が、判断でき兼ねて困る。
とろみ・・・
とろみついた・・・?
これは、とろみっていうのか?
シャバシャバしてるけど。でも、もうそろそろ煮込むのをやめないと固まっちゃう気がするから。

これでよし。


煮沸消毒したビンに詰めて
記念撮影。
この頃はまだ、うまくできたと思っていたんですが・・・


掬って、とろ~ん。
ってやってみよー♪

って思ったら

スプーンが入らない !!!

ビンの中全体で飴になってる(がーん)

掬えません。

仕方ないので、スプーンの端っこについたたんぽぽ蜜を
引っ張ってみました。


↑のびるのびる。


力を入れて掬ってみると。
飴細工のように伸びて、その場で固まって行きます。


始末に困り、持て余す。
こ・・・これはどうしたらいいんだッ。


↑こんななってるし。うわぁー。

だけど、スプーンごとたんぽぽ蜜をペロペロキャンディの如く食べると

美味しい♡♡
爽やかな甘味で、ちょうど良い味わいです。

熱い紅茶に溶かしてみたり、
ちょうど遊びに来た妹と姪に、スプーンごと渡して食べてもらったりしました♪

初日はこんな感じで、
やや持て余し気味だったのですがw


そういえば、米飴も葛飴も、冬の間はスローモーションで使いづらいけど夏場はサラサラになるように


湯煎したらいいんじゃないか。

と気づいて
試したらすぐにサラサラに戻る♡♡

というわけで
そのあとは扱いがぐっと楽になりました。
・:*:・:(o゚ω゚)bイェィd(゚ω゚o):・:*:・

紅茶に、ヨギティーに
主に飲み物のちょっとした甘みに使えます♪
(たんぽぽエキスも入ってるけど、ほぼビートグラニュー糖だから気を付けて、必要最低限にしてます。)

今日はコーヒーの甘みに使ってみました。

美味しいです。

たんぽぽの香りがします。ほんのりですけれども。


日本たんぽぽを応援しています。
(天ぷらは西洋タンポポでも日本のたんぽぽでも両方おいしいです笑)

次回はもうちょっと、扱いやすく
もっとたんぽぽ沢山で作ってみたいと思います!!!
(100輪なんかじゃなく、200輪行ってみたいです。)

季節を味わう事ができるのは幸せ。
野草大好きです。