宇宙留学・再び島へ

宇宙留学で1年間過ごした末っ子テツ。
詳細はこちら
こちら
こちらに書いてありますので気になる方はシリーズでご覧ください。
(宇宙留学 のどか舎で検索!)

↑昨年4月のテツ。(宇宙留学に出発した日)


↑今年3月のテツ。(宇宙留学を終えて帰宅した日)やりきりました!

帰って来てからも、種子島での日々が忘れられず、あのメンバーでの学校生活は1年だけ(留学生も1年間、全国から集まって来るし同学年だったお友だちは中学生だし。)って分かってるけど切ないという毎日でした。

「夏のキャンプに行きたい。行くから。」
宇宙のまちキャンプ

毎年行われていて昨年も参加したこの、キツいけど楽しい1週間のキャンプに、絶対行きたい。と言い続け、他におねだりなどしない子なので
まあ、いいかという感じで申し込みを済ませて飛行機まで押えたら。

ボーイスカウトの夏キャンプと同じ日だった。

これには、数日悩みました。(テツにもキャンセルを打診しました。
聞かなかったけど。)

結果、ボーイスカウトの隊長が、「今年は種子島に行って来てください。来年からはこちらで。」と温情をかけて下さり
行けることになったのでした(*’▽’)良かったね!

4カ月ぶりに新たな故郷?種子島の地を踏むテツさん(中1)に
昨年からの想いをインタビューしてみました。

哲志インタビュー
・宇宙留学に行きたかった一昨年と、実際に行っていた昨年、メンタル的に、こんなはずじゃなかった、と思ったポイントはどこですか。
→一緒に住んでいた子と仲良くなれなかったところ
・1番つらかった事は。
→運動会後のホームシック
・今でも繰り返し思い出す風景はどこですか
→130だん(段)くらいの階段をのぼって見上げた海
※見下ろした。だと思うby母
・「もっとこうしておけば」と思っている事は
→もう少しすなおになればよかった気がする
・里親さん達に会ったら何て言いたいですか
→自分の道を正しくしてくれたことへの感しゃ
・南種子での1番の想い出
→宇宙のまちキャンプ
・会いたい人
→自分と一緒(現中1)の友達(遠、って書いてる!)
・留学で楽しかったこと
→みんなとの学校生活

・・・と、その、楽しい宇宙のまちキャンプに出発です!ウキウキだねテツ!

↑キャンプの支度も1人で終え、前泊する宿に向かう電車で写真撮るよー♪って声をかけても顔を上げないお年頃。


↑楽しいくせに笑わない。


↑でも母ちゃんのモヒートは勝手に混ぜる(笑)


↑行ってらっしゃいパーティー(2人)


↑ドキドキ嬉しく眠れない夜を過ごしてからの朝5時。
ホテルから飛行場までの無料バスに乗る。


↑クロネコヤマトのビルが目の前のホテルだったので
フラッと立ち寄ったら珍しいパンを見つけたのでお土産。


↑行って来るよー。(安定のキツネピース。)


↑気持ちはもう島へ。


↑とっとと走って乗り込む。
ダッシュして行きやがった。
「行ってらっしゃーい!テツー!?」と
恥も外聞もなく叫ぶわたくし。
チラっとでも振り返って欲しかったが空振りに終わりました・・・

せめて飛び立つところが見たい⤴!!
展望デッキへ!!

↑え???
自動ドア開かない??どーした?? と思ったら。
あと1分で自動ロックが外れる、とのこと。

ちょ・・・飛行機飛んじゃうから!?


↑開きましたー!
間に合うか? まだいるかな??


↑って、どれが鹿児島行きなのかは見ても分かりません。書いとけよ!←電車みたいに?


↑多分あれがそうだ! という飛行機を2機見送りました。
きっと、どちらかがそうだと思います。
行ってらっしゃい。

そして私が羽田空港から海老名の自宅に帰り着く前に、
「鹿児島空港着いたよー」と家に電話がかかって来たらしい。(テツはまだ携帯持ってないので公衆電話から。)

さらにこんな楽しそうな写真が
お友達から送られてきました。

↑テツの前にいる美しい女の子は
なんと。この子です。
テツの運命が変わったと言ってもいい影響をくれた女の子と
一緒にいる不思議✨

そして、里親さんも会いに来てくれて
「なまっちろいね~!」と言われたらしい。
それなりに日灼けはしているけれど。島の人たちから見たら真っ白。

1週間のスケジュールを元気にこなして
昨夜帰宅しました!(ちょっと焦げました・思った程ではなかった)

↑お迎えに行く空港バスで、ウキウキでSNOWで遊ぶ人

待って会うお子達のかわゆさよ!


↑宇宙留学1年間&今年も宇宙のまちキャンプに参加の3人。
左の子はNHKの番組でポスターにもなったかわいい女子ちゃん。
真ん中の子はその番組で最も追いかけられた男の子。

本人達は大したことないように笑ってるけど
マジ偉業を達成したみんなだと思う。よく頑張ったね。
そして来年も行きたいらしい
(テツは難しいけども。日程がどちらかが動いてくれれば可能かもしれない)

↑一緒に写ってくれたー♪



↑(自撮りしてウケまくってた写真)

宇宙留学は、決して楽しいことばかりではないけれど
子供の成長には、かなり役立つと思います。

とにかく先ずは「健康」そして「日々体を使うこと」
忘れがちだけど重要だと思います。
あんなにお疲れで帰宅しても翌朝早起きしてゴミ捨てに行き
洗濯を自分でササッと終わらせているテツ。
(そして室内干ししてるので、何故?と思ったら午後から大雨降って来た!)

水と空気の美味しい
不便なところで暮らすって、大切だな。

◎テツの撮ってきた写真をそのうちにアップしますね。屋久島の山の頂上での青空なんてちょっと素敵でしたよ。
読んで下さって有難うございました♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です